SM フェチ 女王様 M男 マゾ 女装 コスプレ
FC2ブログ
出会い結婚
    仮)うらの裏はうら
    SMや女装など変態な事に興味のある変態。過去の体験談や願望・妄想など赤裸々に書いていく・・・。
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    初めてのSMクラブ2
    〈前回の続き〉

    言われるままシャワーを浴び
    不安と期待の入り混じった興奮を抑えていました。


    シャワーでて、服を着ていいのか?
    それとも全裸で待っているのがいいか迷いました。

    取り合えず服を着て待っていることにしました。

    服を着て改めて部屋を見渡しました。

    普通のワンルームマンションですが、
    部屋の壁にパイプでできた貼り付け台のようなものや
    女王様系の雑誌が並んでいます。

    その一冊を手に取り、今から行われるであろう
    プレイを妄想しておりました。


    その時ふいにガチャっと扉のあく音が聞こえ
    キャリーバックをもった女王様が入ってこられました。

    僕は、ビクッとして雑誌を落としてしまいました。

    「こんにちは」

    微笑みながら挨拶をされ、ヒールでそのまま
    上がってこられました。
    初めて見るボンテージに圧倒されていると

    「初めてなの? どんなことされたいの?」

    「自分はSMは初めてなのでお任せします」

    「そうなの。楽しみね」

    そういうと服を脱ぐように言われました。

    「ぜんぶですか?」

    そういった瞬間にビンタが飛んできました。
    そして完全に目の前の女王様に
    逆らえなくなってしまいました。

    「全部に決まってるでしょう」 

    急いで全裸になり正座をしました。

    「ご挨拶はできるの?」

    「本日はご調教をお願いします」

    オドオドしながらご挨拶をしました。

    「よく聞こえないわよ。頭を床につけなさい」

    なんどか、全裸のままやり直しをさせられました。

    「そう。ちゃんとできるじゃない」

    正座をした僕を見下ろされる形でおっしゃいました。

    「次は、お前のちんぽを確認しようか」

    顔をあげて、正座している足を開き
    恥ずかしくも勃起しているおチンチンを見て頂きます。

    「なーに?これは?まだなーんにもしてないのに」

    少しあきれられた口調です。

    「いえ・・あの・・・」

    もごもごしている僕にさらに恥ずかしい言葉攻めです。




    続きます。



    ランキングに参加しています。



    ポチっと押していただけると興奮します。


    SM PLAY LIVE




    スポンサーサイト
    [PR]

    [PR]

    コメント
    コメント
    コメントの投稿
    URL:
    本文:
    パスワード:
    非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    トラックバック URL
    トラックバック
    copyright © 2018 仮)うらの裏はうら all rights reserved.
    Powered by FC2ブログ.
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。